うつ 薬 一覧





【姉妹サイト】 抗精神病薬のすべて / 睡眠薬のすべて

三環系抗うつ薬一覧

 

 

特徴として効果は高いが副作用が現れやすい事になります。
医師によってはよく使用されている事も多いようです。

 

特に口渇などの副作用があらわれやすくなります。
ちなみに口渇が続くと口臭も現れやすくなるので
エチケット面で注意が必要ですね。

 

抗うつ効果以外にも適応外として神経因性の鎮痛効果があり、適応外処方として使われる事もあります。

 

 

作用機序

 

モノアミンの再取り込みを選択的に阻害する事で、神経シナプス間のモノアミン量を増やす事で作用を発現させています。

 

 

モノアミンとは?

 

ドパミン、ノルアドレナリン、セロトニン、ヒスタミン等のアミノ基を1つだけもの神経伝達物質の事をさします。


三環系抗うつ薬一覧記事一覧

トフラニール錠10mg/25mgのすべて

うつ,薬,トフラニール,トフラニール錠,副作用,抗うつ薬,太る,夜尿症 特徴三環系抗うつ薬として代表的な医薬品になります。うつ病の治療の他に遺尿症の治療にも使用されています。*遺尿症とは? 5、6歳になっても寝ていておもらしをしてしまう状態が続く事であり 別名夜尿症とも言われています。発売開始は1959年7月となりかなり古い歴史をもった薬剤となりますが現在はSNRIなど...

≫続きを読む

アナフラニール10mg/25mgのすべて

特徴三環系抗うつ薬として代表的な医薬品になります。うつ病の治療の他に遺尿症の治療にも使用されています。*遺尿症とは? 5、6歳になっても寝ていておもらしをしてしまう状態が続く事であり 別名夜尿症とも言われています。発売開始は1973年8月でありかなり古い歴史をもった薬剤となりますが現在はSNRIなど...

≫続きを読む

ノリトレン錠のすべて

ノリトレン錠 特徴ノリトレン錠は非常に古い抗うつ薬となり発売は1971年となります。現在では、ノリトレン錠を含む三環系抗うつ薬を第一選択薬として使用する事はまずないのであまり使用されていないのが実態です。  ⇒ 三環系抗うつ薬一覧しかしながら効果という点ではSSRIなどと比較し効き目がいいという事で使用されている...

≫続きを読む


<スポンサードリンク>

抗うつ薬 一覧 3環系抗うつ薬 4環系抗うつ薬 SSRI SNRI NaSSA