デプロメール錠





【姉妹サイト】 抗精神病薬のすべて / 睡眠薬のすべて

デプロメール錠(25mg/50mg/75mg)

デプロメール,デプロメール錠,SSRI,効果,眠気,吐き気,離脱症状

特徴

 

SSRIとして日本で初めて発売された医薬品になります。
選択的セロトニン再取り込み阻害薬と呼ばれ副作用は比較的少ないといわれています。

 

SSRIとは?
選択的セロトニン再取り込み阻害薬と呼ばれ、シナプスで
セロトニンを選択的に再取り込み阻害をする作用をもつ薬剤になります。

 

発売開始は1999年5月であり
フルボキサミンという成分の薬剤となります。

 

同一成分でルボックス錠としても販売されており
デプロメール錠の販売元は明治製薬ファルマとなります。

 

一緒に服用してはいけない薬が多数ある薬剤となり
ロゼレム錠(成分名:ラメルテオン)、テルネリン錠(成分名:チザニジン)
などがあげられます。

 

ロゼレムとの併用でロゼレム濃度が顕著に上昇し作用が強く現れる事が
あるとの事で併用禁忌となっています。が、まれに処方される事もありました。

 

またテルネリンとの併用も同様でテルネリンの成分でありゅ
チザニジンの濃度が上がり、半減期が延長する事によって過度の血圧低下が
起こる可能性がある事で禁忌となっています。
デプロメール,デプロメール錠,SSRI,効果,眠気,吐き気,離脱症状

 

効果効能

 

デプロメール錠の効果効能は下記の通りになります。

 

うつ病・うつ状態
強迫性障害、社会不安障害

 

 

副作用

一番多く起こる副作用としては
吐き気が起こり易くなっています。

 

特に服用初期に起こる可能性が高くなっていますが
服用を続けると消失する事が多くなっています。

 

よくプリンペラン等の吐き気止めと一緒に
処方されるのを見ます。

 

眠気の副作用は比較的少ない傾向にあるかと思われます。

 

抗うつ薬で太る!?体重増加の副作用が起こる原因とは?

 

 

注意点

 

併用禁忌薬が通常使用される薬剤
睡眠障害等で使用される薬剤などにある為、注意が必要です。

 

薬価

 

規格 薬価
デプロメール25mg 32.5
デプロメール50mg 56.0
デプロメール錠75mg 77.1

*H28年4月変更薬価(次回はH30年4月予定)

 

ジェネリック医薬品

 

ジェネリック医薬品は多数発売されています。

 

メーカー 医薬品名
エルメッドエーザイ フルボキサミンマレイン酸塩錠25mg「EMEC」
ニプロ フルボキサミンマレイン酸塩錠50mg「NP」

 

*ジェネリック医薬品の値段を調べたい場合はコチラのサイトを参考にして下さい。

 

 調べ方は先発品名称(デプロメール)を入力し表示された右側にある「同効薬リスト」を
 クリックして下さい。ジェネリックがある場合はジェネリック医薬品の価格が出てきます。

 

デプロメール錠詳細

成分名 フルボキサミンマレイン酸塩錠
剤形・規格 錠剤/25mg・50mg・75mg
用法・用量 うつ病・うつ状態、強迫性障害、社会不安障害

1日2回服用で初期量50mg、最大使用量150mg/日

警告 特になし
禁忌 併用禁忌:エフピー、テルネリン、ロゼレム等
原則禁忌 シサプリドとの併用

<スポンサードリンク>

デプロメール25mg/50mg/75mgのすべて関連ページ

ルボックス錠25mg/50mg/75mgのすべて
ルボックス錠はうつ病薬分類の中のSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)に分類されています。副作用として吐き気の発現頻度が高いと言われており、また他薬剤との相互作用も問題となります。これらについて詳細に現役薬剤師がわかりやすく解説しています。
パキシル錠、CR錠のすべて
うつ病薬分類の中のSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)と呼ばれるうつ病治療に使用されるパキシル錠の詳細な説明になります。現在日本で発売されているSSRIは全部で5種類となります。
ジェイゾロフト錠のすべて
ジェイゾロフト錠はうつ病薬分類の中のSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)と呼ばれるうつ病治療に使用されるものになります。薬剤師からみたジェイゾロフト錠の副作用、効果、アルコールとの併用などについて詳細について解説しています。
レクサプロ錠のすべて
レクサプロ錠は抗うつ病薬分類の中のSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)の中で一番新しい薬になります。現在日本で発売されているSSRIは全部で5種類となります。これらについて詳細に現役薬剤師がわかりやすく解説しています。

抗うつ薬 一覧 3環系抗うつ薬 4環系抗うつ薬 SSRI SNRI NaSSA