SSRI 一覧





【姉妹サイト】 抗精神病薬のすべて / 睡眠薬のすべて

ジェイゾロフト錠25mg・50mgのすべて

ジェイゾロフト,ジェイゾロフト錠,副作用,太る,眠気,吐き気,アルコール

特徴

 

ジェイゾロフト錠は日本では2006年7月から発売が開始され
25mg、50mgの2規格からなり、>SSRIに分類される抗うつ薬となります。 ⇒SSRI一覧

 

 

 

SSRIとは?

 

選択的セロトニン再取り込み阻害薬と呼ばれ
シナプスでセロトニンを選択的に再取り込み阻害する事で
セトロニン濃度を上昇させ効果発現をする薬剤です。

 


 

効果発現までは一般的なSSRIと同じで2週間ほどかかるといわれていて
発現する眠気、だるさ、吐気などの副作用症状により飲めなくなってしまう方もいます。

 

よほどその状態がひどいようでなければ様子みるのが基本的な飲み方になっています。
なぜならば継続服用する事で徐々に症状が落ち着いてくる事がほとんどになるからです。

 

どうしても合わなくひどい副作用が出るようであれば
Drと相談することにより他のSSRIなどに変更になることがあります。

 

ジェイゾロフト,ジェイゾロフト錠,副作用,太る,眠気,吐き気,アルコール

 

効果効能

 

ジェイゾロフト錠の効果効能

 

うつ病・うつ状態
パニック障害

 

効果発現までの期間

 

一般的なSSRIと同様で効果が出るまで2週間ほどかかる事が多くなっています。

 

 

副作用

一番多く起こる副作用としては
悪心(18.9%)が起こり易くなっています。
その次に多いのが傾眠(15.2%)となります。
その他に口内乾燥、頭痛、下痢などが比較的多い副作用になります。

 

吐気は特に服用初期に起こる可能性が高くなっていますが
服用を続けると消失する事が多くなっています。
副作用を防止する為にプリンペラン等の吐き気止めと
一緒に処方されるのをよく見る機会があります。

 

服用によって太るなどと言われている事がありますが
これは体調がよくなり元気になる事による食欲増進によるものや
受容体遮断作用など様々な要因が原因となっています。

 

抗うつ薬で太る!?体重増加の副作用が起こる原因とは?

 

 

傾眠(けいみん)とは?
周囲からの刺激があれば覚醒する浅い睡眠状態の事ですぐ意識が混濁する状態。

悪心(おしん)とは?
吐気。嘔気の事。

 

 

SSRIによる悪心・嘔気発生のメカニズムは?

 

ジェイゾロフトなどのSSRIの服用初期に現れやすい副作用である悪心嘔気は、セロトニンの再取り込みを阻害して消化管粘膜細胞近傍のセロトニン濃度を増大させることにより、5-HT3受容体を介して嘔吐中枢が刺激され発現すると考えられています。


 

こんなにあるの!?セロトニン受容体のすべての種類とは?

 

 

また体重減少の副作用もまれにではありますが、報告されています。

 

注意点

 

抗うつ剤の投与により、24歳以下の患者(精神疾患患者対象)で
自殺念慮、自殺企図のリスクが増加するとの報告があるため
本剤の投与にあたっては、リスクとベネフィットを考慮する事になっています。

 

離脱症状・断薬

 

一般的にはSSRIの中でパキシルよりは離脱症状が出にくいと言われています。これはジェイゾロフトの半減期が約22〜24時間と長いことが原因であると考えられています。

 

 

しかしながら個人差があるので通常の減量で離脱症状がでる方はごく少量ずつの減量が必要になる場合があります。

 

これは薬を変更する際にも出ますので例えばジェイゾロフトからパキシルに変更する場合は
ジェイゾロフトを徐々に減量し、パキシルは徐々に増量していく方法がとられます。

 

 

離脱症状とは?

 

急激な服用の中断や減量にした時に起こる事がある、不安、浮動性めまい、興奮、悪心、頭痛症状などの事をいいます。
離脱症状の発現を防ぐ為に1/2錠、1/4錠などと徐々に中止していきます。よって自己判断による服用中止は避ける必要があります。
退薬症状と言われる事もあります。この減薬、退薬期間は個人差があり数週間〜数か月になります。


 

妊婦・授乳婦

 

妊婦さんへの投与は一般的な薬と同様に治療上の有益性が
危険性を上回ると判させる場合にのみと事になっています。

 

また授乳中は母乳中に薬剤成分が移行するので
避けた方が望ましいとされています。

 

薬価

 

規格 薬価
ジェイゾロフト錠25mg 93.5
ジェイゾロフト錠50mg 161.9/span>円
ジェイゾロフト錠50mg 282.7/span>円
ジェイゾロフトOD錠25mg 93.5
ジェイゾロフトOD錠50mg 161.9/span>円
ジェイゾロフトOD錠50mg 282.7/span>円

*H26年4月変更薬価(次回はH28年4月予定)

 

ジェネリック医薬品

現在はジェイゾロフト錠のジェネリック医薬品(後発医薬品)は発売されております。
ジェイゾロフト錠のジェネリック医薬品はまだ発売されていなく(H25.3現在)、先発品のみとなり25mg1錠で106円と高価な薬となっています。

 

*ジェネリック医薬品の値段を調べたい場合はコチラのサイトを参考にして下さい。

 

 調べ方は先発品名称「ジェイゾロフト)を入力し表示された右側にある「同効薬リスト」を
 クリックして下さい。ジェネリックがある場合はジェネリック医薬品の価格が出てきます。

 

 

ジェイゾロフト錠詳細

成分名 塩酸セルトラリン
剤形・規格 錠剤/25mg、50mg
効果効能・用法・用量

ジェイゾロフト錠
うつ病・うつ状態、パニック障害

 

◎うつ病・うつ状態、パニック障害
通常、成人にはセルトラリンとして1日25mgを初期用量とし、1日100mgまで漸増し、1日1回経口投与する。なお、年齢、症状により1日100mgを超えない範囲で適宜増減する。

 

警告 特になし
禁忌 併用禁忌:MAO阻害剤(セレギリン塩酸塩、エフピー) 、ピモジド(オーラップ)
原則禁忌 特になし

<スポンサードリンク>

ジェイゾロフト錠のすべて関連ページ

デプロメール25mg/50mg/75mgのすべて
デプロメール錠はうつ病薬分類の中のSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)に分類されています。副作用として吐き気の発現頻度が高いと言われており、また他薬剤との相互作用も問題となります。これらについて詳細に現役薬剤師がわかりやすく解説しています。
ルボックス錠25mg/50mg/75mgのすべて
ルボックス錠はうつ病薬分類の中のSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)に分類されています。副作用として吐き気の発現頻度が高いと言われており、また他薬剤との相互作用も問題となります。これらについて詳細に現役薬剤師がわかりやすく解説しています。
パキシル錠、CR錠のすべて
うつ病薬分類の中のSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)と呼ばれるうつ病治療に使用されるパキシル錠の詳細な説明になります。現在日本で発売されているSSRIは全部で5種類となります。
レクサプロ錠のすべて
レクサプロ錠は抗うつ病薬分類の中のSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)の中で一番新しい薬になります。現在日本で発売されているSSRIは全部で5種類となります。これらについて詳細に現役薬剤師がわかりやすく解説しています。

抗うつ薬 一覧 3環系抗うつ薬 4環系抗うつ薬 SSRI SNRI NaSSA