うつ病





【姉妹サイト】 抗精神病薬のすべて / 睡眠薬のすべて

目次 (うつ病に関連する用語集)

あ行
悪性症候群 / SSRI / SNRI /

 

か行

 

 

さ行
セロトニン受容体 / セロトニン症候群 /

 

た行

 

 

な行
内因性リガンド /

 

は行
パーシャルアゴニスト / フルアゴニスト /

 

 

ま行

 

 

や行

 

 

ら行
リガンド / 離脱症状 /

 

 

わ行

 

 

 

うつ病に関連する用語集

 

 

あ行

 

悪性症候群

 

発現する症状は頭痛、高熱、まめい、嘔吐、こん睡状態などになります。重篤な場合はセロトニン症候群と同様で死に至る場合もあります。抗精神病薬、吐き気止めなどでもみられる事があります。

 

SSRI(エスエスアールアイ)

 

選択的セロトニン再取り込み阻害薬と呼ばれ、シナプスでセロトニンを選択的に再取り込み阻害する事でセトロニン濃度を上昇させる事により効果発現をする薬剤になります。代表例としてデプロメール(成分名:フルボキサミンマレイン酸塩)、ルボックス(成分名:フルボキサミンマレイン酸塩)、パキシル(成分名:パロキセチン塩酸塩水和物)、ジェイゾロフト(成分名:塩酸セルトラリン)、レクサプロ(成分名:エスシタロプラムシュウ酸塩)があります。

 

SNRI(エスエヌアールアイ)

セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬と呼ばれ、シナプスにおいてセロトニンとノルアドレナリンの再取り込みを阻害する事でセロトニン濃度とノルアドレナリン濃度を上昇させる事により効果を発現する医薬品となります。

 

か行

 

さ行

 

セロトニン受容体

セロトニンを内因性リガンドとする受容体になります。セロトニンが各種セロトニン受容体に結合する事により作用を発現させます。

 

セロトニン症候群

 

抗うつ薬ではほとんどの医薬品で起こる可能性がある副作用になります。
発現する症状は頭痛、高熱、めまい、嘔吐、こん睡状態になります。重篤な場合は死亡する場合もあります。セロトニン症候群は悪性症状群との判別がつきにくい副作用となります。

 

た行

 

な行

 

内因性リガンド

リガンド(特定の受容体に特異的に結合する物質)のうち生体内に存在し、生体内受容体に結合し作用を発現させる物質になります。

 

は行

 

パーシャルアゴニスト

部分刺激薬の事であり、特定の受容体を刺激して、その機能を高める事が最大量を投与しても100%発現できないもの。場合によっては受容体遮断という働きとなり機能を押さえる働きとなる場合があります(促進、抑制どちらとしても働ける)。

 

フルアゴニスト

完全刺激薬の事であり、特定の受容体を刺激して、その機能を高める事が最大量を投与しても100%発揮できるもの。

 

ま行

 

や行

 

ら行

 

リガンド

リガンドとは、特定の受容体に特異的に結合する物質の事をさします。
生体内に存在し、生体内受容体に結合し作用を発現させる物質を内因性リガンドといい、生体外に存在するものを外因性リガントといいます。

 

離脱症状

急激な服用の中断や減量にした時に起こる事がある、不安、浮動性めまい、興奮、悪心、頭痛症状などの事を離脱症状といいます。

 

離脱症状の発現を防ぐ為に1/2錠、1/4錠などと徐々に量を減らして中止していく事が多いのですが、抗うつ薬の種類によっては(例:レクサプロ)急な服用中止でも離脱症状が起こりにくい場合は漸減しない場合もあります。しかし通常は徐々に減らす(漸減)事がほとんどであるので自己判断による服用中止は避ける必要があります。またレクサプトなどの離脱症状が起こりにくい抗うつ薬においても服用中止等については必ず主治医の指示に従って下さい。

 

退薬症状と言われる事もあります。この減薬、退薬期間は個人差があり数週間〜数か月になります。

 

 

わ行


<スポンサードリンク>

抗うつ薬 一覧 3環系抗うつ薬 4環系抗うつ薬 SSRI SNRI NaSSA